• 検索方法の種類
  • 検索項目の種類
  • かんたん検索
  • 資料を予約する
  • 詳細検索を使う
  • 辞書機能を使う
  • 掛け合わせ検索を使う
  • 著者名検索を使う
  • 分類表検索を使う

  • 利用者のページの使い方

5.詳細検索を使う

  1. ホーム
  2. OPACヘルプ もくじ
  3. 5.詳細検索を使う

詳細検索

簡単検索よりも多くの検索項目が用意されています。細かい条件で資料を探したい場合に便利です。

  1. 検索画面
  2. 絞り込み検索
    検索結果一覧画面から下にある出版年などの検索語や、所蔵館・資料区分など指定して検索ボタンを押すと、検索結果からさらに条件を絞り込んで検索ができます。
*全文検索とキーワード検索の違いとは?
全文検索
入力した検索語をタイトルのどこかに含むものを検索する検索方式
キーワード検索
既に切り出されたキーワードに対して検索を行う検索方式

「タイトル」は全文検索、「タイトル(キーワード)」はキーワード検索となっています。

例えば、「日本の歴史」という資料を検索したい場合、全文検索では検索語に「本の」と入力しても検索されます。
キーワード検索では、キーワードが「本の」という形で切り出されていなければ検索されません。
通常、キーワードは「日本」「の」「歴史」という形で切り出されています。