こどものページトップへ
としょかんのつかいかた
おしらせ
カレンダー

5・6年生のためのほん 2010

  1. こどものページ
  2. よんでみよう!
  3. ほんがいっぱい
  4. 5・6年生のためのほん 2010

もくじ

本のしょうかい

『冒険者(ぼうけんしゃ)たち ガンバと十五(じゅうご)ひきの仲間(なかま)』

斎藤(さいとう) 惇夫(あつお)/作(さく) 薮内(やぶうち) 正幸(まさゆき)/画(が)

岩波(いわなみ)書店(しょてん)  請求記号(せいきゅうきごう)Fサ

嵐(あらし)の夜(よる)、船(ふな)乗(の)りネズミの宴会(えんかい)に、血(ち)まみれのネズミが助(たす)けを求(もと)めてあらわれた。
彼(かれ)のしまでは、仲間(なかま)たちが全滅(ぜんめつ)しかけているという。
恐(おそ)ろしいイタチのノロイ一族(いちぞく)に襲(おそ)われたのだ。
ガンバと仲間(なかま)たちは、彼(かれ)らを救(すく)うため立(た)ち上(あ)がった。
おはなしの続(つづ)きで『グリックの冒険(ぼうけん)』と『ガンバとカワウソの冒険(ぼうけん)』も あるよ!

『ヘンリー・ブラウンの誕生(たんじょう)日(び)』

エレン・レヴァイン/作(さく) カディール・ネルソン/絵(え)

千葉(ちば) 茂樹(しげき)/訳(やく) すずき出版(しゅっぱん)

請求記号(せいきゅうきごう) 36

奴隷(どれい)のヘンリー・ブラウンは家族(かぞく)からひきはなされ、ひとりぼっちになった。
やがて奴隷(どれい)のナンシーと結婚(けっこん)をしたが、ナンシーも生(う)まれた子どもたちも売(う)られていってしまった。
悲(かな)しみのなか自由(じゆう)になりたいと願(ねが)ったヘンリーは、とんでもない方法(ほうほう)を考(かんが)えつく。

『小公女(しょうこうじょ)』

バーネット/作(さく) 吉田(よしだ) 勝(かつ)江(え)/訳(やく)

岩波(いわなみ)書店(しょてん) 請求記号(せいきゅうきごう) Fバ

セーラは、おはなしを考(かんが)えたり空想(くうそう)したりするのが大好(だいす)きな女(おんな)の子(こ)でした。
ロンドンの寄宿(きしゅく)学校(がっこう)に入(はい)ると、かしこく思(おも)いやりのあるセーラは、たちまちみんなのあこがれのまとに。
ところがある日(ひ)、セーラのお父(とう)さんが亡(な)くなったとの知(し)らせが届(とど)きました。

『ロシアの昔話(むかしばなし)』

内田(うちだ) 莉莎子(りさこ)/編(へん)・訳(やく) タチヤーナ・マブリナ/画(が)

福音館(ふくいんかん)書店(しょてん) 請求記号(せいきゅうきごう) M

あるとき、狩人(かりゅうど)のアンドレイは、王(おう)さまから、「どこかしらんが、そこへ行(い)け、なにかしらんが、それをもってこい!」といわれ、しかたなく旅(たび)にでたのですが…。
この話(はなし)のほか、ロシアで語(かた)りつがれた、33のお話(はなし)がのっています。

『Two Trains ~ とぅーとれいんず ~』

魚住(うおずみ) 直子(なおこ)/作(さく) あずみ虫(むし)/絵(え)

学習(がくしゅう)研究社(けんきゅうしゃ) 請求記号(せいきゅうきごう) Fウ

並(なら)んで走(はし)るふたつの電車(でんしゃ)。
向(む)こうの電車(でんしゃ)には、ひなたと同(おな)じような女(おんな)の子(こ)が乗(の)っている。
先週(せんしゅう)も乗(の)っていたあの子(こ)は いったいどんな子(こ)なんだろう?
ふと見(み)ると、女(おんな)の子(こ)はひなたに笑顔(えがお)で手(て)を振(ふ)った・・・。
ほんのちょっと生(い)きづらい女(おんな)の子(こ)たちの5つの物語(ものがたり)。

『シュトッフェルの飛行船(ひこうせん)』

エーリカ・マン/作(さく) 若松(わかまつ) 宣子(のりこ)/訳(やく)

岩波(いわなみ)書店(しょてん) 請求記号(せいきゅうきごう) Fマ

シュトッフェルは、生活(せいかつ)がきびしいことでひどく落(お)ち込(こ)んでいる両親(りょうしん)のために、旅(たび)に出(で)ることにしました。
アメリカのおじさんに助(たす)けてもらうためです。
ボートでひとり嵐(あらし)の湖(みずうみ)をこえ、とうとうアメリカ行(ゆ)きの飛行船(ひこうせん)の格納庫(かくのうこ)にこっそりと乗(の)り込(こ)み・・・。

『地雷(じらい)のない世界(せかい)へ ~はたらく地雷(じらい)探知(たんち)犬(けん)~』

大塚(おおつか) 敦子(あつこ)/写真(しゃしん)・文(ぶん)

講談社(こうだんしゃ) 請求記号(せいきゅうきごう) 31

戦争(せんそう)が終(お)わっても、世界中(せかいじゅう)のあちこちに埋(う)められた地雷(じらい)で、毎日(まいにち)、だれかが傷(きず)ついています。
その地雷(じらい)を見(み)つけるのが地雷(じらい)探知(たんち)犬(けん)の仕事(しごと)です。
子犬(こいぬ)の頃(ころ)から愛情(あいじょう)たっぷりに育(そだ)てられ、訓練(くんれん)された犬(いぬ)たち。
どうやって土(つち)の中(なか)の地雷(じらい)を見(み)つけるのでしょうか?

『のほほん』

工藤(くどう) 直子(なおこ)/作(さく) ネイチャー・プロダクション/写真(しゃしん)

小学館(しょうがくかん) 請求記号(せいきゅうきごう) 47

‘のほほん’ってどんなきぶん?
まんまるくなって、うとうとするきぶん・・・こねこがいいました。
おおぞらでじっとして、ぽか~んぷわ~んのきぶん・・・わたぐもがいいました。
あなたの‘のほほん’はどんなきぶん?

『絵(え)で見(み)るおふろの歴史(れきし)』

菊地(きくち) ひと美(み)/文(ぶん)・絵(え) 講談社(こうだんしゃ)

請求記号(せいきゅうきごう) 38

日本(にほん)のおふろのはじまりは、蒸気(じょうき)を使(つか)ったものでした。
岩山(いわやま)やお寺(てら)におふろがありました。
お湯(ゆ)につかるおふろに、みんなが入(はい)れるようになったのは、江戸(えど)時代(じだい)からのこと。
入(はい)り方(かた)も形(かたち)も今(いま)とは違(ちが)う、おふろの歴史(れきし)を見(み)てみよう!

『知(し)って楽(たの)しい花火(はなび)のえほん』

冴(さえ)木(き) 一(かず)馬(ま)/作(さく) 山田(やまだ) ちづこ/絵(え)

あすなろ書房(しょぼう) 請求記号(せいきゅうきごう) 57

夏(なつ)の夜空(よぞら)を美(うつく)しくかざる花火(はなび)。
いろいろな色(いろ)に変化(へんか)するのはなぜ?花火(はなび)ってどうやって作(つく)るの?材料(ざいりょう)は?どんな種類(しゅるい)があるんだろう?
この1冊(さつ)に花火(はなび)のふしぎがいっぱいつまっています。
読(よ)めば花火(はなび)がいっそう楽(たの)しくなることまちがいなし!
ところざわしのとしょかん
ほんをさがす・よやく
もよおしもの(おはなしかい・えいがかい・イベント)
りようしゃのページ